古いものの価値、それは使う人の心

古いものの価値、それは使う人の心


以前から欲しかった

コールマンのランタン 200Aを購入しました

1962年製 今から52年前に製造されたオールドコールマンです

色といい、形といい ともて愛らしく 見とれてしまいます

ホワイトガソリンを入れ

マントルを装着

それから空焼きをする

そして、タンクに圧力をかけ

少しずつ気化したガソリンの噴出量を調整し火をつける

シューという音とともに、仄かな温かい光を灯します。

かつてと同じ光

歴代のオーナーが丁寧に使ってきたモノへの愛情が伝わります

家も同じように人の手に渡り、生活が脈々と受け継がれ、そこに住む事の喜びを

私は伝えていきたいと思います

200Aよ これから長い付き合いになるね

そして、いつかまた誰かに使ってもらえるように、丁寧に愛情を注いでいきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です